×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アレルギー性鼻炎とその症状

アレルギー性鼻炎は完全に直す事はなかなか難しい病気です。アレルギー性鼻炎には2種類あって、季節に関係なく一年中鼻水や、くしゃみ、鼻づまりがおこる通年性アレルギー性鼻炎と季節によって、おこる季節性アレルギー鼻炎がある。一年中おこる慢性アレルギー性鼻炎は、主に下鼻甲介粘膜の慢性炎症のため、粘膜がはれ、少しの刺激でも、粘膜上皮が破壊され、鼻水やくしゃみといった症状がおこりやすくなっている。季節性の物はある程度の場合「花粉症」と呼ばれ、激しいくしゃみや、鼻水におかされる。これらの症状からアレルギー性鼻炎は「鼻粘膜過敏症」ともよばれ、のどや、粘膜にも同様の変化をきたす可能性をもち、それらの変化が気管支に起こるとぜんそくといった症状も見られるようになる。最近ではこのアレルギー性鼻炎から、ぜんそくに移行する場合もあると指摘されるようになっている。

アレルギー性鼻炎の原因

通年アレルギー性鼻炎はだにやハウスダストなどの一年中抗原があるものが原因になる。季節性アレルギー性鼻炎は花粉症といわれるとおり、花粉などが主な原因となる。
これらは、抗原となる物質を体に受け入れられない人の鼻に抗原が入ってくると、くしゃみで、追い出し、鼻水であらいながし、鼻づまりで中に入りにくくしている。このアレルギー性鼻炎の症状は利にはかなっているが、この不快さは病気といわざるおえない。鼻に抗体が入ると、体の中に抗体が作られるこれが、アレルギーを起こす鼻の粘膜の肥満細胞につくことによって、感作される。間作されるかされないかは体質によるが、その感作された50%のひとは症状が現れる。この症状が現れる原因は内的因子や外的因子が考えられるが今のところ証明された物はない。

アレルギー性鼻炎の治療法

現在アレルギー性鼻炎を完全に直す事は難しく、長くつく合う事を知った上で、この病気の事を治療していかなくてはいけない。アレルギー性鼻炎の治療法として、
いろいろあるが、主に、1、抗原の除去と回避2、薬物療法 3、特異的免疫治療法4、手術治療などがある。抗原の除去や回避は室内の掃除や洗濯、ペットをかわない、花粉などをマスクなどで回避する事である。薬物療法は、はやりの漢方や科学的な薬品の数多くある。特異的免疫治療法は原因となっている抗原を少しずつ注射していく方法で、ゆういつアレルギー性鼻炎を治してしまう可能性を持っています。治療には2〜3年かかるが約70%の人に有効である。最後に手術療法はレーザー手術などによって、鼻の粘膜を切除して小さくしていくのが基本。レーザーによって、血のでない治療が可能になった。レーザー治療による効果は確かにあるが、再発も見られるらしい。どの治療法を選ぶかは、医師との相談の上決めるべきである。

Copyright © 2008 アレルギー性鼻炎の治療をしよう